オワハラが始まった理由とは

フライングゲットしようとしていた!?

2016年新卒採用から選考開始が8月1日と後ろ倒しになった。
今までは大手企業が学生を集めた後、中小企業が学生を集めていくことが前例としてあった。
それが2016年からは逆転する事になったため、採用活動に不慣れな企業が続出したため、オワハラという現象が起きたのではないだろうか。

それとオワハラが社会問題になったのは、ソーシャルメディアやインターネットの普及にともなって、情報伝達のスピードがオンタイムに近い状況で伝わったこともあるだろう。

伝え方次第、相手がどう解釈するかで意味が変わってしまう。
一度掛け違えたボタンを修正するには時間がかかるが、修正している間にいろいろな風評がでるというリスク管理ができていない。

オワハラを本質的に考えてみるといろいろな問題点、勘違い、思い込み、決め付けが存在しているがよくわかります。

その1つ目の問題点が、8月1日の経団連が決めたルールまで待ちきれなかったということである。
これは、経団連が勝手に作ったルールであり、このルールに従わなければならないという暗黙の了解があるということについて、知識のなかった人事や採用担当者がやらかしてしまったケース。

時代はロストジェネレーションと言われている1990年後半から2000年前後まで遡ってみましょう。
時は就職氷河期と言われていた時代で内定率も50%中盤ぐらいだった時代です。

その時は買い手市場だったこともあり、内定だしの後、即断、即決を迫る企業が多かった。
人事の立場としては、あなたが断るのであれば他の人を採用しますという殿様商売に近い。
パワーバランスが企業が上、学生や応募者が下という時代であった。

この時代に人事のキャリアを積み始めた人たちが採用責任者とか採用マネージャーになっている世代である。
ということは過去に自分たちがやられてきた手法というのが正解であるということを思い込んでいる。
私が就職をするのか、留学をするのかで迷っていた2002年の頃は、「3日以内に回答をしてください」という人事が多かったことを思い出します。

それが景気の回復に伴い、少しずつではありますが2000年代後半になると、内定出しをした後、内定承諾の意思を取るまでに1ヶ月から2ヶ月程度かかることになります。
徐々に新卒採用を増やしていく企業が多くなっていたのと、エッジの利いた学生を探すため、選考回数も増える事になり、企業も慎重になり、学生も慎重になり採用の長期化が始まった頃です。

そして迎えた2016年の新卒採用からは、経団連会員以外について、早いところですと年明け早々に会社説明会を行い、春休みの間に選考を済ませて、ゴールデンウイーク前後に内定を出すという企業が続出しました。
そうすると内定承諾まで3ヶ月〜4ヶ月程度待つことになるでしょう。

しかし、本命企業が8月1日以降に選考開始になるので、学生としては自分が考えている本命企業以外であれば、内定を保留したまま、本命企業の採用にチャレンジしたいというのが本音です。
内定を出しますから1週間以内に回答をしてください。というように、きちんとロジックを立てて、学生に伝えるのであればいいでしょう。

中にはちょっと脅迫に近いかたちで内定出しを伝える人たちがいます。
うちが内定を出すから、他社の選考はすべて断って欲しいということ密室で伝えます。
その場で承諾をすれば、すぐに解放をされるケースも有りますが、ちょっと間違えると脅迫と言われても仕方ないケースもあります。

それが内定承諾書をその場で書かせたり、その場で電話をさせたりするケースもあります。
そして、内定承諾書は推薦状みたいなものだから断れないからと追い込む人事もいます。
断るともう一度選考がある旨を伝えてお祈りメールが送られる。

ここで迷った表情をしたり、相手に隙を与えてしまうと、グリップを企業側に握られてしまうことを学生たちは知らない。
そこで暴走をしてしまったのがリクルーターや新人の人事担当者である。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。 個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください