やり過ぎはブランド力を低下させる

これをやったら、レッドカード

同業他社に内定を複数抱えている学生に対して、さらに暴走モードに入ったリクルーターが一言。
「うちとA社とB社はみんなビジネス関係でつながっているよ。
あなたがどの会社を選択するかわからないけど、ビジネス上でつながっているから、
あなたの悪いうわさもみんな伝わってしまうわけよ。その辺もよくかんがえてくれないかな。」

このリクルーターの話し方は賢い話し方ではありません。
ビジネス上で3社つながっていることはありますし、担当レベル、営業レベルでツナガリがあるかも知れません。
同業他社に内定をもらっているということは、どの会社も欲しがる学生であるということを示しています。
仮にあなたがどこの会社を選んだとしても、他の2社とはビジネスを続けていくでしょう。

悪いうわさがみんなに伝わってしまうというの脅し文句でしょう。
そういえば内定承諾をすると思い込んでるから怖い。
ボイスレコーダーで記録として残ってしまったら、企業へのリスクがものすごく高くなるのは目に見えています。
もしかしたら裁判沙汰になる可能性もあるということを認識しておかないといけません。

ベテランの人事の場合であれば、喉元まで出かけていたとしても言わないことです。
営業経験がある人であれば、こういうことを言うことはビジネス上ご法度であることも理解しています。
営業経験がないリクルーターがやってしまったことではないかと推測できます。
これは企業のブランド価値の低下と共に、炎上してしまうネタが撒かれたことを意味しています。

また、別の企業の採用責任者はリクルーターや採用担当者が暴走モードに入る様に仕向けるという。
こういうことを知っているからこそ、人事は人材の墓場という経営者が多いのは事実である。
それとなく本人に情報を伝える事で暴走モード、爆走モードに入るように仕向ける。
そして、暴走したことが表面化をすると、リクルーターや採用担当者の責任にして、チームとしての責任を取ることはなく、あくまでも個人的な責任問題として処理をする。
合法的なリストラの手段として活用をしている企業もある。

とある企業の人事マネージャーは、成績が上がらない人、若手でチームの戦力外になった人を中心にリクルーターや採用担当者に抜擢をする。
正社員で若手ということで企業としてはほしい人材であるが、毎日がオーディションであるということを忘れてしまうと、型にはめられて、転職せざる得ない状況になるという。

営業成績も悪く、内定承諾率も悪いということになると、コミュニケーション力がない、提案力がない、傾聴力がないといろいろなレッテルを貼りたがる。
そうして追い込み漁をしていくのだから、社会とは不公平なルールの上で成立している。
企業にとって社畜、戦力外になっている人員をいつまでもおいておくのであれば、新卒を採用して、新陳代謝をしたほうがいいという経営判断をしている企業もある。

これができるのも解決金制度が成立、施行されるまでの間でしょう。
次期通常国会では解決金制度についての法案成立を目指していている政府与党。
先日に修正されて国会で成立をした労働者派遣法改正のように、重要法案の裏側で密かに着実に審議をされる可能性もある。

解決金制度が成立してしまうと、労働者保護という観点が無くなり、企業が戦力外と認めた時には、解決金で解雇をしやすくするという内容です。
欧米では毎週金曜日の夕方に呼び出されないと、来週も安泰ということを言います。

これからは正社員だから安泰という時代ではなく、毎日がオーディションということになり、上司の判断1つで戦力外通告を受ける可能性もあります。
仕事とはあなたがいなくなっても誰かが勝手にやってくれて回るものですから、今まで以上に周りの目を気にしたり、失敗することを恐れるようになるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

careercreator

1978年生まれ。米国大学院卒業後、仕事でエージェント/企業内人事/研修講師/採用広報/能力開発・人材育成のスペシャリスト/経営企画として活躍。 個人では、キャリアクリエーター/ディスカッションパートナー/ミーティングコンサルタント/経営の家庭教師/転職の家庭教師/パーソナルプロデューサーとして活躍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください